ステイホーム中の皆さまのために、
足立稲門会【とうもんクラブ】から情報の差し入れがありました。足立稲門会会員・斉藤勝久さんが財団法人ニッポン・ドットコムのサイトに連載された記事の提供です。

題して 『人類の天敵「ウィルス」』

まさに時宜にかなった好読物です。
執筆者の了解を得て記事を紹介してくれたのは、とうもんクラブ世話人の斉藤善久さん。斉藤さん、どうもありがとうございました。
斉藤善久さんは斉藤勝久さんとは一字違いですが、兄弟でも親戚でもなく、他人です。
共通しているのは早稲田政経学部卒のインテリで、足立稲門会会員であるという点です。

以下、掲載記事のURLです。

(1)https://www.nippon.com/ja/in-depth/a06601/
(2)https://www.nippon.com/ja/in-depth/a06602/
(3)https://www.nippon.com/ja/in-depth/a06603/

感想や質問はとうもんクラブ幹事・斉藤善久さんにお願いします。

斉藤勝久さんプロフィール

ジャーナリスト。1951年東京生まれ。1973年早稲田大学政治経済学部卒業。
読売新聞社の社会部で司法を担当したほか、86年から89年まで宮内庁担当と
して「昭和の最後の日」や平成への代替わりを取材。医療部にも在籍。
2016年夏からフリーに。
ニッポンドットコムで18年5月から「スパイ・ゾルゲ」の連載6回。
同年9月から皇室の「2回のお代替わりを見つめて」を長期連載。
主に近現代史の取材・執筆を続けている。 足立稲門会会員。