幸手は江戸時代日光街道の主要な宿場町として栄えました。今回はその面影を辿りながら、幸手市のボランティアの方たちが、20年に渡り大切に育てた曼珠沙華が、500万本咲いている権現堂堤を目指します。堤では遊歩道を歩きながら驚きの光景を鑑賞しましょう。ご家族、ご友人も誘ってご参加ください。